本 Book

ウェブ世界にはない楽しさを求めて“神保町”へ出かけよう!

 東京の中心部、千代田区には世界最大の「本の街」がある。一般に神保町(じんぼうちょう)の古書街、古本街などとよばれる一帯である。約180店舗といわれる古書店の多くは、靖国通りと白山通りが交わる神保町交差点を中心とした地域に集積しているが、広く東はJR神田駅、北はJR水道橋駅やJR御茶ノ水駅方面にかけてもこのうちの30店舗ほどが点在している。
  地名でいえば、この神保町交差点付近は「神田神保町(1丁目~3丁目)」というが、このあたりを知るたいていの人は単に「神保町」と呼ぶことが多く、また、古本街のことも「神保町の古本街」などと呼んでいる。しかし、その内容は神田神保町だけを指すのでなく、その周辺部にも広がる古書店を含めている。本サイト「神保町へ行こう」の「神保町」をはじめ「神保町エリア」、「神保町界隈」といういい方も、この古書街の呼び名が意味するものと同じく、神田神保町を中心にした広い地域を指していると考えていただきたい。
  神保町の書店街を歩けば、文芸、社会科学、自然科学、スポーツ、エンタテインメントなど、ほとんどすべてのジャンルの本に出合うことができる。いまやインターネットで気軽に本を検索し買える時代になった。しかし、“現物”をその場で眺め、手にできるという点で、書店の書棚にまさるものはない。また、古書店街は、ぶらり本を眺めながらはしごをするという独特の楽しみがある。目的はなくとも、「はっとする」本に出合うなど、知的好奇心を満たしてくれる「発見」という楽しみがある。これは、開かれた街の図書館ともいえる、神保町へ足を運んでみて初めて味わえる愉悦でもある。