小宮山書店

小宮山書店(こみやましょてん)
[古書全般] 近・現代文学、肉筆類、国文、歴史、哲学、宗教、美術、映画、音楽

三島由紀夫関係の本や草稿は
神保町随一

 どっしりとした鉄筋コンクリート造りの外観。遠くからでも良く目立つ小宮山書店は1939年に創業された。

1階から4階までを6フロアに分けた店内は、ユニークではあるが、よく整理されたつくりになっている。
 1階の現代日本文学から始まり、2階は哲学・外交・世界史関係。中2階は文庫・新書・趣味のフロアだ。3階は国文・日本史・仏教となり、中3階では美術・デザインの本を扱っている。そして4階はショールーム。「ようこそ」と染め抜かれた暖簾がかかるこの部屋では、三島由紀夫、横尾忠則、寺山修司、宇野亜喜良、細江英公、森山大道、武井武雄、谷内六郎などの作品・原稿・シルクスクリーン・限定本、美術一般を扱っており、まさにこだわりの部屋となっている。

 特に目を引くのが、三島由紀夫の初版本等の数々。写真家の細江英公が三島の裸体を撮影し1963年に発行された写真集「薔薇刑」で使用された写真のオリジナルプリントもある。

その他にも国内外の多くのアーティストなどの作品がところ狭しと並べられている。

また名物の一つが、週末に店舗の裏側の駐車場で開催される「ガレージセール」。普段は駐車場であるスペースに溢れんばかりの本が並べられ、文字通り老若男女が掘り出し物を探しに訪れる。土曜、日曜も休まない数少ない古書店の一つである。

その他リンク

古本トップへ戻る