ブックハウス神保町

ブックハウス神保町(ぶっくはうすじんぼうちょう)
[新刊書店]

児童書専門の新刊書店。絵本が充実

 地下鉄・神保町駅A-1出口を出て徒歩1分。靖国通り沿いでも、ひときわ目立つ大きな洋風の建物。2005年の10月にオープンした、児童書や実用書専門の新刊書店。特に絵本の品揃えは素晴らしいの一言!新刊・ロングセラー含め、常時6000冊以上が置かれている。

 店内は開放感あふれる空間で、特におひさまと月をモチーフにした空の絵が描かれている天井には心を癒される。4つの赤い大きめなソファが置かれた中央スペースでは、来店した親子が絵本を読んだり、仕掛け絵本で遊んだりして楽しむことも出来る。あちらこちらに置かれているさまざまなぬいぐるみなどの小物も、心休まる空間を演出する重要な役割を担っている。

 また、長年大手書店で勤務していたという店長の吉永祥三さんが企画するさまざまなイベントが、人気を呼んでいる。

若手の絵本作家の原画展やサイン会を頻繁に行って、本の面白さを子供たちに伝えるきっかけ作りを続けている。地域の学校の絵本の読み聞かせサークルなどに場所を提供し、子供たちへの絵本の読み聞かせをしてもらう「おはなし会」もその一つ。毎月第2、3土曜日に開催されている。「ここ神保町に、児童書専門の本屋はこれまでありませんでした。昔この町に通っていた、という年配のお客さんが来て、『今度は孫を連れて来ます』と言ってくれたりすると、この店を開いて本当に良かったと思います」と、吉永さん。世界一の本屋街、神保町の新たな風が感じられる。

その他リンク

新刊書店トップへ戻る