書泉ブックマート

書泉ブックマート(しょせんぶっくまーと)
[新刊書店]

神保町で異彩を放つ
若者文化の殿堂

 すずらん通りの駿河台下交差点側の端にあって、“本の街”神保町の中でも異彩を放つ店。アイドル写真集やコミックは随一の品揃えで、全国から“詣でる”若者が後を絶たない。特に書泉名物ともなっているのが、週末に開催される新人アイドルのサイン会。その整理券が配られる日には、徹夜組どころか三日徹夜する人が現れるほどだとか。
 書泉ブックマートは靖国通り沿いにある書泉グランデの兄弟店としてオープン。総合書店のグランデに対し、コミック、アイドル、格闘技など、若者文化に特化した大型書店として注目を集めるようになっていった。書棚の個性的なラインアッ、2階ではアイドル写真集のほか、海外から輸入したボードゲームも扱プを少し見てみよう。

 地階では格闘技を中心としたスポーツ全般を扱うほか、プロレスや異種格闘技のチケットも販売。1階ではゲーム攻略本、ファンタジー小説やライトノベルスなどの文庫本う。3階、4階はコミック専門フロア。

コミック全般を扱う3階に対し、4階では昭和30年代の懐かしのマンガ・通称“ナツマン”のほか、BL(ボーイズラブ)系のマンガを専門に扱っている。

「若者文化は入れ替わりが激しいのが特徴ですから、書棚も半年に一度は入れ替えるようにしています。各フロアの担当者はもともとそのジャンルのファンという人が多いので、流行を追いやすい。それでも詳しいお客様には歯が立ちません。そうしたお客様のご意見を書棚づくりに生かしているんですよ」と同店次長山田輝道さん。
 若者でない人も、BLって何?という人も、ここを訪れれば神保町の新しい顔に出合えること請け合いだ。

その他リンク

新刊書店トップへ戻る