「本と街の案内所」の写真

「本と街の案内所」とは

本と街の案内所は、この神保町に関する情報を総合的に提供する拠点として、2007年10月にオープンしました。本探しはもちろん、神保町の奥深い世界を楽しむためのお手伝いをしています。現在、神田古書店連盟を中心に、NPO連想出版などの神保町に関係の深い団体が共同で運営しています。

本と街の案内所公式ブログ

特集 神保町めぐりの新拠点「本と街の案内所」を活用しよう!! パート1

もう古書街で迷うことはない!? 専用端末とスタッフが本探しをサポート

 世界有数の本の街・神保町。古書店めぐりの新拠点として2007年10月にオープンした「本と街の案内所」は、連日、おおぜいの来訪者に利用されている。オープン当初は、靖国通りをぶらぶら歩いていて「なにか新しい『お店』がオープンしているぞ」と、たまたま入ってくる人が多かったが、最近では、まず案内所にきて、自分の求めている本を検索したり、書店の場所を確認したり、ランチを食べる店を探しにきたり、目的をもって来訪する人がほとんど。古書街散策の拠点として、認知度は着実にあがっているようだ。

 神保町界隈には古書店が約180店、新刊書店が30店もある。それらの店舗は、それぞれが得意とするジャンルのある「専門店」だ。どの店に行けば探している本が見つかるのか。ふつうなら戸惑ってしまうだろう。
 
 さらに、小川町方面にはスポーツ用品店が、お茶の水通り沿いには楽器店が軒を連ねる。また神保町界隈はカレー店や喫茶店、中華料理、日本そばなど、全国的にも有名な飲食店も多い。

「観光地にあるような案内所があれば、目的の店を探せて便利なのに」という声はかなり以前からあった。実際、神保町交番には、そういった問い合わせが多いそうで、交番勤務のお巡りさんは「古書街地図」が手放せなかったという。

 こうした来訪者の声が、案内所のオープンにつながった。靖国通り沿いという好立地な場所を、神田古書店連盟が借りられたことが、案内所オープンの機運を一気に高めたのだが、NPO連想出版をはじめ、ナビブラ神保町、神保町応援隊、NPO神田雑学大学、千代田区立千代田図書館など、この地域で活動、活躍している諸団体の協力が得られたことも大きい。

 案内所には誰でも自由に使える「じんぼうKiosk端末」が置かれている。このパソコンでは、「神保町へ行こう」はもちろん、すべての古書店の概要が分かるだけでなく、在庫も検索できる「BOOK TOWN じんぼう」、飲食店や専門店を中心にタウン情報が充実している「ナビブラ神保町」(運営:風讃社)を見ることができる。

 また、連想出版、神保町応援隊、神田雑学大学、千代田図書館のメンバーが交替で常駐している。案内スタッフとして、本探しの手伝いをしてくれる。端末の操作方法が分からなかったり、うまく検索できなかったときは、気軽に声をかけるといい。

 案内所ではどのような問い合わせが多いのだろうか。案内所スタッフのひとり、中村佳史氏(NPO連想出版)は、「やはり、“本”についての質問が8割以上ですね。一番多いのは『この本はどこに行けば手に入るのか』と、具体的な書名や著者名をメモしてこられる方です。『こういったジャンルの本が多い店はどこか』と、テーマで探しにみえる方もいますね」と語る。

 では、具体的にどのようにして、本を探せばいいのだろうか。中村氏に案内所の上手な利用方法について聞いた。

「BOOK TOWN じんぼう」で在庫検索ができる!テーマで巡る古書店散歩も楽しい

スタッフに聞けば神保町巡りのヒントが!豊富に揃うイベント・街情報